柴犬 ドッグフード 食べない

柴犬が白い液体を吐いた。「どうしよう!?大丈夫??」と慌てる前に

755457

 

「カッ、カハッカハッ!」

 

 

 

突然、柴犬が咳をしたと思ったら、おう吐をしはじめた。

 

こんな経験ありませんか?

 

 

私もはじめての時は、ビックリして心配になりました。

 

 

 

 

しかし、柴犬にとっておう吐は生理現象のようなもので、あわてる必要はありません。

 

そのため、柴犬が苦しそうにおう吐を始めても、冷静になって様子を見てあげてください。

 

 

 

 

 

ただし、注意が必要な場合もあります。

 

今回はそのケースを含め、おう吐の種類について解説したいと思います。

 

 

 

白い液体
「吐き戻し」といい、胃の調子が良くないとき胃を空っぽにして整える行動です。
胃もたれや消化不良などにあたるので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

黄色い液体
黄色い液体を吐いた時は、胃が空っぽで胆汁液が逆流したと思ってください。
2-3日しても改善されないようであれば、エサの時間を変えてみるといいでしょう。

 

 

ドッグフード交じりの黄色い液体
吐き出したドッグフードをもう一度食べようとしたり、元気そうであれば問題はありません。
食後、数時間たって消化されていないドッグフードを戻した場合は注意が必要です。
消化器官に問題があるかもしれません。
2-3日続くようであれば診察してもらった方がいいでしょう。

 

 

おう吐・下痢の組み合わせ、おう吐物に血液が混じっている
おう吐が長期間続く、回数が多い等 
緊急事態の可能性があります。
すぐに獣医さんに診てもらった方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

以上、代表的な症状を紹介しました。

 

 

胃もたれをはじめ、多くの症状はドッグフードが原因で起こることが多いです。
ぜひ、柴犬に合ったドッグフードを選んであげてください。

 

 

 

 

 

柴犬 ドッグフード 食べない