柴犬 ドッグフード 食べない

便の状態から柴犬の健康を知るためには?

柴犬 うんち

日頃からチェックしておきたいことの一つに、柴犬のウンチがあります。

 

 

実は柴犬のウンチから色々なことがわかるんです。

 

 

 

 

 

「最近、柴犬の元気がないな・・」
「なんとなく様子がおかしいな・・」

 

と感じたら便を観察してみてください。

 

 

問題があった場合、発見が早ければ回復も早くなります。

 

 

 

 

まず、健康なときのウンチの状態をしっかり覚えておきましょう。
その上で、下記の内容と比べていただければと思います。

 

 

量が増えた
柴犬は本来肉食なので、肉素材主体の食事であれば消化吸収しやすく、便の量は少なめです。
対して食物繊維や穀類が含まれている食事になるほど、便の量は増加します。

 

 

やわらかい
食物繊維の取りすぎで軟便になることがあります。
しかし、おう吐と同時にであれば気を付けてください。
症状が続くようであれば診察してもらったほうがいいでしょう。

 

 

色が違う
いい色の便というのは、茶色から濃い茶色といわれています。
それ以外に、黄色、緑色、白っぽいなどのケースがあります。
それらの場合は食事に問題があるケースが多いので、
良質な肉が使われているものをあげてください。

 

 

臭いが気になる
柴犬はもともと肉食動物です。
肉以外はあまり消化が得意ではありません。
国産のドッグフードに多いですが、トウモロコシなどの穀物を
多く含んだ食事をあたえると、消化不良を起こし体内で吸収されずに腐っていきます。
その結果ウンチが臭くなるのです。また、穀類が使われているドッグフードは
アレルギーの原因にもなります。

 

 

血便
生肉やレバーなどを与えたケースを除いては、緊急事態の可能性が高いです。
すぐに診察してもらってください。

 

 

粘膜便
便に粘膜状のゼリーのようなものが付いている場合、大腸のトラブルが考えられます。
寄生虫やストレスが原因の場合もあります。
少し様子をみて、治らないようであれば診察してもらいましょう。

 

 

 

 

代表的なケースを挙げておきました。
柴犬の健康を守るうえで大切なことなので、頭の片隅に入れておいていただければと思います^^

 

 

 

 

 

柴犬 ドッグフード 食べない